読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MasaoApril's Library.

Software Testingなネタを書いてみた。

システムテスト自動化カンファレンス2015(6)「キーワード駆動によるシステムテストの自動化について」

 2015/12/13(日)にテスト自動化研究会(STAR)主催のシステムテスト自動化カンファレンス2015に参加しました。
 本blogでは、聴講したセッションから数回に分け、メモとしてまとめたものを紹介します。

セッション

 講演内容は、下記セッションです。
(※<資料>にリンクを貼りましたので、参照下さい。)

1.テスト自動化のスキルを考えよう! ~テスト自動化エンジニアに求められるスキル、期待される役割~ 早川 隆治(テスト自動化研究会)/テスト自動化スキル標準 AutomationTest.SSF 考えてます。 コヤマン(テスト自動化研究会), →<資料1>/<資料2>
2.自動家は見た~自動化の現場の真実~ /".reviewrc"→"おいしが" →<資料1>/<資料2>
3.広告システム刷新よもやま話 - テストが当たり前となるまでにやったこと - /森下 大介(ヤフー株式会社MSC開発本部マーケッターPF開発部) →<資料>
4.楽天の品質改善を加速する継続的システムテストパターン /荻野 恒太朗(楽天), 菊川 真理子(楽天) →<資料>
5.キーワード駆動によるシステムテストの自動化について /小井土 亨(SQiP 運営委員会メンバー、株式会社OSK) →<資料>
6.Testing Tools for Mobile App /松尾 和昭(クックパッド) →<資料>
7.パネルディスカッションLIVE! テスト自動化”エンジニア” の今とこれから/登壇者:森下 大介(ヤフー株式会社), 荻野 恒太朗(楽天), 小井土 亨(SQiP 運営委員会メンバー, 株式会社OSK),松尾 和昭(クックパッド), AAA(review.rc)メンバ, モデレータ:浅黄 友隆(ヒューマンクレスト), 松木 晋祐(ベリサーブ)

 今回は、「5.キーワード駆動によるシステムテストの自動化について」について紹介します。

5.キーワード駆動によるシステムテストの自動化について /小井土 亨(SQiP 運営委員会メンバー、株式会社OSK)

(1)システムテスト

  • End to Endテスト ユーザに触れる直前なので、GUIテスト。

(2)自動化されたシステムテストの課題

 自動テストのスクリプトの工数を減らしたい、楽したい。また、スクリプトを直さずに自動テストしたい。

(3)データ駆動

  • テストスクリプトとデータが分離。
  • 値をファイルに格納している。

(4)キーワード駆動

  • 対象、値、操作
    • 対象(単価データとか)と操作(セット、クリックなど)がキーワード。
  • 問題点:制御処理(IF文)の記述が難しい
    • 同じコードが大量作成。
    • コードが共通の部分とバリエーションがある部分が混在。
  • キーワード駆動の要素
    • 値の設定
    • 値の読み込み
    • 処理実行
    • ログ出力

(5)アーキテクチャ

  • 何をどのように検査するか?
  • キーワード駆動はゴールではない。
  • ルールと指針を決める。
  • 誰がやっても間違えない。

(6)使い分け

  • 同じ操作
    スクリプト
  • バリエーションがあるところ
    データ駆動

(7)デモ

 C#PowerShellを組み合わせた内容。

所感

 キーワード駆動テストは、現場周辺で適用している事例は聞いたことがないが、バージョンアップを繰り返す開発が進行していくにつれ、自動テストも開発毎に進化していく必要があるので、本発表から現場で適用するネタを考えようと思います。
 また、ISO/IEC/IEEE29119 Part5や書籍『システムテスト自動化標準ガイド』第13章も参考文献として、アイディアを温めようと思います。5年後、10年後の開発を見据えて。